N-2 ネクタイの作り方

型入れ図
<1> 裁断します。
1
<2> @に芯を貼ります。
     *芯の型紙は表地より周囲2mm弱小さくしています。(表地よりはみ出さないため)
2

<3> @の先を縫います。

34

5生地が厚い場合は縫代をカットしてください。
<4> 表に返して、アイロンをかけます。
6
*縫代の先は少し控えています。
(輪になったとき中で見返しがだぶらないため)
 
7
<5> 控えている縫代を表になる部分の縫代に合わせて仮止めします。 
 8 9

*見返しが浮いたようになります。
10
<6> @とAを縫い合わせ、縫代をAに倒れるようにアイロンをかけます。
   
<7> 輪にします。
11


<8> Aの先を縫います。


*<7>で縫った縫い目が中心になるようにしてください。




<9> 表に返して、アイロンをかけます。
12



*Aがとても細いので、お箸などの細いものを使って ひっくり返しましょう。

<10> Bを輪にします。

<11> 一方の先を<8>と同じように縫います。

<12> 残りの一方は三つ折にして、ミシンをかけます。

<13> AとBの先にスナップをつけます。

<14>きれいな結び目になるようにネクタイを結び 裏側で止めます。

*サンプルは ウインザーノットという方法で結んでいます。
ネット上にいろいろな結び方が紹介されています。検索してみてください。

 

<15>Bが表から見える様でしたら、糸ループ又はテープをつけましょう。
 
<16>ネクタイをゆるめすぎて、Bが抜けるのを心配な場合は
    Bの先にボタンをつけましょう。
 
 
<17>出来上がりです。
13 14
<18> ポケットチーフの先は 三つ折り・ロック・ジグザグなどの方法で始末をしましょう。